「ほっ」と。キャンペーン

コーヒーノ

coffeenews.exblog.jp
ブログトップ

目指す焙煎について

たくさんある自家焙煎珈琲店のそれぞれが、それぞれの考え方に基づいて焙煎をしています。
低温での長時間焙煎や、二度焙煎する通称W焙煎などその方法も様々です。
どの方法が正しくてどの方法が間違いということはなく、ご自分の好みに合う珈琲を探して下さい。

私は、クリアでスッキリ飲みやすい珈琲よりも、ある程度強い珈琲に仕上げるようにしています。
この「強い」珈琲というのが、私の焙煎のキーワードというかコンセプトになっています。
これは私の好みが反映されてのことですが、ペーパードリップでも十分に旨みを堪能して頂けます。
珈琲豆は、酸味や苦味の他、香りやコクやそれらのバランスなど十豆十色の魅力を持っています。
強い珈琲に仕上げていますが、それよりも生豆の個性を活かす事を最優先しているのです。
みんな違ってみんないい。それぞれのいいところを消さずに前に出してあげるのが、私の仕事です。
その中でスッキリした飲み口が持ち味の豆があれば、当然スッキリした珈琲に焙煎します。
コロンビアなどは浅煎りと深煎りで違った魅力をもっているので、それぞれの焙煎方法で。
とは言っても、焙煎自体は単純なものなので温度や火力や排気やタイミングなどを変えるだけです。
実際は室温や湿度が影響したりと小難しく語ろうとすれば限りないのですが、それは別の話で。

調味料が何種類もある料理と違って、珈琲の焙煎は生豆を煎るだけです。
その一つの作業に色々なやり方があって、焙煎者がそれぞれに自分を信じて真剣勝負をしています。
珈琲を飲みながらその湯気の向こうのそんな背景を思い浮かべると、ちょっと特別な珈琲に。
さらにその向こうには、珈琲豆の生産者のたゆまぬ努力があることもたまに思い出してください。
ただ、それは毎回にはせず普段は気楽にその香りや風味を純粋に楽しんで頂ければと思います。

くどくなったのでまとめますが、当店ではそれぞれの生豆の特徴を強く出す焙煎をしています。
カフェオレなど、ミルクと合わせてもミルクに負けずに甘味が引き立っておいしく飲んでいただけます。


ご不明な点は、遠慮なくお尋ねください。
info@hayashi-coffee.com
[PR]
by hayashi-coffee | 2010-01-01 00:33